彷徨うおのこ

死ぬまで死なないぜ おれは

(1/26 events)1/26の出来事

TOPIC

  1. The progress of work is bad
  2. Participated in the previous year's team new year party
  3. I feel a team leader's hard work
  4. Positive retirement, retired retirement
  5. Sincerely to the person I meet

詳細

The work we are doing this week is to summarize the DeepQA chat bot architecture and model analysis, environment setup, RNN, sequence to sequence model theory, but nothing can be done! In considering the cause, even if I try to install pip in the company environment, it was repelled by the proxy setting, DNS setting and I could not install any satisfactory.

As for the architecture of the bot, output at the function level, in-out level is required, and I think I think tweaking this week is packed.

How about the ability to explain the RNN and séq 2 seq models verbally to people? It is slightly tight.

Studying to the server side is important.

Participated in the previous year's team new year party. It is said that the atmosphere has changed. That's right, being influenced by people who interact daily in the workplace, my personality and behavior will change. Now that both sides are children of Kyoto University graduate school, directly across from UC Berkeley, if you are going to be introduced as a rookie in such a case, I realized that the appropriate behavior will change from naturally. Not that it is good or bad, but if the environment changes, the optimal solution will change.

Previously, the honest level was low, the topic of the drinking party was a lot of bad things about human relations, and there were many lonesome kids. but I had a good time. Everyone is young and cool. However, it was not enough for that alone, more I felt like I was facing straight from the technology, facing straight from the work and life, I wanted to live in the face, there were many inner heart smart thoughts.

TOPIC
  • 仕事の進捗が悪い
  • 前職のチーム新年会に参加
  • チームリーダーの頑張りを感じる
  • 前向きな退職、後ろ向きな退職
  • 出会う人に誠実に

詳細

仕事の進捗が悪い

今週行っている業務は、DeepQAというチャットボットのアーキテクチャとモデルの解析、環境のセットアップ、RNN,シーケンスtoシーケンスモデルについての論をまとめることなのだが、何一つできていない!原因を考察するに、社内環境でpipインストールを試みるも、proxy設定、DNS設定で弾かれまくり何一つ満足にインストールができなかった。

ボットのアーキテクチャに関しても、functionレベル、インアウトのレベルでのアウトプットが要求されており、今週頭をひねって考えるも、詰んでいる。

RNNとséq2seqモデルを口頭で人に説明できる能力は、どうだろうか?ちょっときつい。

サーバサイドへの勉強は大事。

前職のチーム新年会に参加

前職のチーム新年会に参加。雰囲気が変わったと言われる。そりゃそうだ、職場で日々触れ合う人に影響されて、自分の人格や振る舞いは変化していくもので。今は両隣は京都大学大学院の子、真向かいはUCバークレー出身の人、そんな中に新人として投入されるのだとすれば、適した振る舞いも自ずから変化していく、ということを肌身で実感した。それが良いとか悪いとかではなく、環境が変われば最適解は変化するということ。
前職は、正直レベルが低くて、飲み会の話題は人間関係の悪口が多くて、寂しがりのキッズが多かった。でも、楽しかった。みんな若くてノリが良い。でも、それだけじゃ物足りなくて、もっと自分は技術と真正面から向き合って、仕事にも人生にも真正面から向き合って生きていきたいと、内心くすぶる思いが多くあった。

しかし、辞めた人間を新年会やBBQに誘ってくれることはすごく嬉しくて、自分は自分一人で生きたい、生きていく強さが欲しいとずっと思っていたけれど、こういった繋がりがあるのはすごく嬉しいな、と思った。

チームリーダーの頑張りを感じる

リーダーは退職して他人となった元部下の自分を信頼している、と感じる。上司といっても3歳差だし、信頼というよりは、同じ空間を共有した同士といった感覚が近しいかな。前職のメンバー構成はとても若くて、[28(leader),25,25,25,25,23,23,23]という全員20sのメンバー。創立6期のベンチャーとは得てしてそういうものだ。

リーダーはとても気を使う人だし役職だと常ならず感じていたが、今日またその思いを新たにした。具体的には
  • メンバーの話題は常に乗り、褒める
  • 人生相談とか恋愛相談にのる
  • お金を多く出す
仕事上の上司の職分以上に頑張るって大変です。
人の上に立つものは人に謙虚にあらねば、と逆説的な感想を抱くに至る。

前向きな退職、後ろ向きな退職

上記の新年会に呼ばれたのは、退職に当たって引き継ぎとか、切れ目とかきちんとしていたことによると思う。ずるずる愚痴をいいつつ続ける人より、あとぐされない方がのちに続いていくのだろう。シンプの時はあとぐされある辞め方だったので、後悔はあれども何も残すことができず、あやまることもできず。。そうではないように。

出会う人に誠実に

俺ももうすぐ26歳で若者ではない。ひとりの限界ってわかってきたし、仕事で出会える人もそんなに多くない。人は自分の振る舞いによって友にもなれば敵にもなりうる。出会う人に誠実に、相手に主導権をあげるように、謙虚にあろう。と仕事上のスキルというより人間性を重視しようと思いました。何かをなすためには一人では立ち行かない、だから人は組織を作る。